ホンダ トゥデイ タイヤ、ヘッドライトバルブ交換

posted in: ブログ, 修理 | 0

ホンダ トゥデイの修理の続きです。

 

お客様より、

「エンジン始動時にセルが回らない。」

「キックでエンジン始動しようとしても、エンジンがかからない。」

「何回かキックしたら、キックが固くなって蹴れなくなった。」

との事で、バイクをお預かりしました。

 

新品のセルモーターを注文しているので、届くまでその他の箇所を修理します。

 

 

フロントタイヤの溝が無くなっていました。

交換時期なので、お客様に連絡し交換する事になりました。

 

ジャッキアップしてフロントホイールを外します。

 

ホイールを外したついでにブレーキ周りも点検しておきます。

ブレーキシューの減り具合、動き、ドラムの状態など。

特に問題は無さそうだったので、ブレーキダストを掃除してタイヤを交換します。

 

タイヤは在庫があったので、すぐに対応できました。

この溝の深さ。。。グリップが良さそうですね!

 

続いて。。。ヘッドライトが切れていたので、バルブを交換します。

 

ヘッドライト下のボルトを外します。

 

 

ボルトが外れたら、下側から前にズラすようにしてヘッドライト部分を外します。

 

これでヘッドライトバルブが交換できます。

バルブはPH7です。

 

原付のヘッドライトはエンジン始動中は常に点灯しています。

存在のアピールにもなるので、ライトが切れた状態は非常に危険ですね。

 

後はセルモーターを交換すれば完成です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です