ホンダ トゥデイ キャブ清掃

posted in: ブログ, 修理 | 0

ホンダ トゥデイの修理の続きです。

 

お客様より、

「エンジン始動時にセルが回らない。」

「キックでエンジン始動しようとしても、エンジンがかからない。」

「何回かキックしたら、キックが固くなって蹴れなくなった。」

との事で、バイクをお預かりしました。

 

前回はクランクケース内のキックペダルの駆動周りを修理しました。

今回は始動性も悪いとの事なので、キャブの中を見てみます。

 

 

シート部分、メットインを取り外してキャブも取り外します。

キャブのフロート部分を開けて中を確認してみます。

 

 

キャブの中は綺麗なものでした。

スロージェットが少し狭くなっているかな。と言う感じです。

 

キャブクリーナーにジェット類を漬け込んでおきます。

その間に各部の点検。

 

ダイヤフラム部も綺麗です。

ゴムの弾力も動きも全く問題ありません。

 

キャブ内を掃除して、元通り組み付けて車体に戻しました。

 

とりあえずセルでエンジン始動してみます。

が、セルが回りません。

リレーの「カチ」っと言う音はしているので、セルモーターの固着でしょうか。

試しにセルモーターを叩くと、セルが回りました。

が。。。「ウィーーーン」と空回りしています。

 

次はスターターピニオンギアとセルモーター部分を見て行きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です