ホンダ トゥデイ 「キックペダルが固い」の修理

posted in: ブログ, 修理 | 0

 

確かにセルは回りません。

セルモーターが固着している感じです。

更にキックも固すぎて蹴れません。

 

とりあえず確認の為にクランクケースを取り外します。

 

お客様より、

「エンジン始動時にセルが回らない。」

「キックでエンジン始動しようとしても、エンジンがかからない。」

「何回かキックしたら、キックが固くなって蹴れなくなった。」

との事で、バイクをお預かりしました。

 

 

 

まぁそれなりに汚れてはいるけど、そこまで激しくもありません。

 

 

キックが下りない。固い。戻らない。などの時にはここが原因の事が多いです。

クランクケースを外して、キックの動作を確認。

単体で動かしても固いので、ここが原因っぽいです。

 

 

こちらのキックピニオンギア。

グリスが切れてしまって、結構汚れています。

綺麗に掃除しておきます。

 

 

綺麗に掃除したら、グリスを塗って組み付けます。

 

 

ケース側も汚れているので、掃除しておきます。

ピニオンギアと噛み合うギアにもグリスを塗っておきます。

 

この状態で、手でキックペダルを動かして、軽く動けば問題ないです。

 

エンジンの始動も悪いので、次はキャブも掃除します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です