VTZ250 オイル交換

posted in: ブログ, 修理 | 0

オイルの点検窓からオイルの量を見てみると。。。
真っ黒です。
こんな時。。。オイルの量が多すぎる場合もあれば、
点検窓が汚れてしまって、オイルが入ってないのに入ってるかのように見えたり。。。

サイドスタンドをかけてから、点検窓を見てみると。。。ちゃんとオイルが減りました。
単純にオイルの量が多いだけですね。

では何故オイルを多めに入れているのでしょうか。。。
もしかしてオイルが減るとか。。。エンジン内部で減るのか、漏れているのか。。。
と、疑うとキリがありませんが、ざっとエンジン回りを見てみます。

唯一怪しいのは。。。このスプロケットカバーの部分です。
グリスなのか、オイルなのか。。。

スプロケットカバーを外してみると。。。
グリスでした。
エンジンオイルじゃなくて良かったです。

掃除をしておきました。
と言う事は、エンジン内部でオイルが減るのか、単純にオイルを入れ過ぎたか。。。ですね。



オイルを交換しました。
今回は規定量のオイルを入れておきました。
オイルの量を注意してチェックして貰うように オーナー様に説明。

後は気になっていた水漏れです。

ラジエーターの水は少なめです。。。
しかも漏れ防止剤?を入れたのかと言う程にトロみがありました。
冷却水を抜き取り、水で内部を洗浄。。。
漏れていたホースは少しカットして、シールテープを巻いて固定。
新しい冷却水に交換し、暖気して漏れが無い事を確認して完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です