VTZ250 リアブレーキ点検

posted in: ブログ, 修理 | 0

近所の海まで試運転した時に、リアブレーキの引きずりのような症状が出ました。
ペダルを強く踏み込むと、ペダルが下がったまま戻って来ません。
リアブレーキはドラム式なので、内部を点検してみます。

ホイールを外してみると、シューのカスで汚れています。
よく見るとホイール全体も赤っぽくなっていますね。

外した状態で、手でブレーキアームを動かしてみると。。。
カムの動きが固く、時々引っかかるような動きをしています。

ブレーキシューのスプリングを外し、ブレーキシューを外しました。

問題のカムはここですね。
このカムの裏側がブレーキアームに繋がっており、
ブレーキアームからフットブレーキのペダルに繋がっています。


ブレーキアームを外し、カムを抜き取ります。
写真の状態で、上側がドラムブレーキ内のカム、下側がブレーキアームが付く所です。
古いバイクになると、ここが錆びで固着したり動きが固くなります。

カムの錆びを取り、薄くグリスを塗って組み込みます。
ブレーキシューとホイール側も綺麗に掃除しておきました。

元通りに組み付けたら、ブレーキアームを取り付けて作動確認。
動きがスムーズになりました。

車体に組み込んで作業終了です。
最初にブレーキペダルを踏むと、ギーギー音がしていましたが、その音も消えました。
ブレーキペダルの引っかかりも無くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です