ニンジャ400 ミラー交換

posted in: ブログ, パーツ取付 | 0

今回も部品持ち込みでの取り付けです。
純正ミラーから、ポジション付きのウィンカーミラーへと交換します。
カウル付きのバイクはミラー交換も結構大変です。。。

まずはバイザーから外して行きます。
見えるボルトを外せばバイザー部分が外れます。

バイザーが外れたら、バイザーを固定していたステーを外します。
またバイザー内部のカバーも外します。

カバーが外れたら、メーター配線などが見えてきます。
ここから手を伸ばせばもしかすると。。。と思いましたが
全くもってミラーまで届きません。

ハンドル側に回って、メーター横のカバーも外します。
シフトインジケーターの表示パネルが付いているので、
完全に取り外さず、ズラすようにしておきました。

メーター右側も同じくボルトを外してカバーを取り外します。
が、メーターに当たりそうです。。。

メーターを固定しているボルトを取り外します。

これでメーターが動くので、メーターをズラしながらカバーを外します。

ここまでくれば、ミラーまでたどり着くスペースが確保できます。

カウルの裏側を見ると、ミラーを固定しているナットが見えます。
ナット2本を外せばミラーが外れます。

外れたら、新しいミラーを取り付けます。

新しいミラーにはウィンカーとポジションの機能があるので、線があります。
この線を取り付け穴から上手くカウル裏側へ通します。

線がつぶれないように、また引っ張り過ぎないように取り回します。

反対側も同じ要領で交換します。

左右同じ角度になるように、ミラーの向き等も調整しておきます。

あとはウィンカーとポジションランプから分岐するように配線を取ります。
全てカウル内で配線作業が出来るので、ここまで分解しておけば作業が楽です。

作業が終われば、元通りに組み上げて完成です。

↑エンジン始動時

↓ウィンカーを出した時(ハザード)

カッコイイですね。
バイクは車の運転手から発見されにくかったりもしますので、
車検の適合範囲内で目立つようにしておくのも安全対策ですね!

コメントを残す